事故車売却後の査定額の減額はなぜ起こるのか

買い取り業者に車を売却した後、その車が事故車(修復歴のある車)と判明し査定額を減額され、最初の査定額通りの代金が振り込まれなかったり、代金の一部を返金を求められることがあります。

車の売却後に事故車であることが判明したということは、買い取り業者の査定にミスがあったということになりますが、なぜ一度見逃された修復歴が後になって見つかったのでしょうか?

買い取り業者が車を店舗に持ち帰った後の整備中に事故車であることが判明するケースもあるのですが、最も多いケースは「買い取り業者が車をオークションに出した際、オークション会場の検査員によって発覚する」というケースです。

こういった車の売却契約の成立後に代金の減額を一方的に要求するのは、法的には契約不履行ということになります。
こちら側が故意に修復歴を隠したり、通常の査定では見つからないような欠陥があったのでもなければ、減額に応じなくてもいいことになります。
査定を受ける際に正直に修復歴があることを伝えてさえいれば、査定額の減額や買い取りのキャンセルといったトラブルは回避できるでしょう。

ただ、最初から後になって事故車であることが発覚するケースを想定して、契約書に契約後の買取額の変更に関する文言を記載する買い取り業者もあります。そういった業者は避けることも大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする